スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『幕末維新を駆け抜けた女医光後玉江』津山洋学資料館 企画展

江戸から明治へという時代の大きな転換期において、当霊場五十四番札所興禅寺にて得度され、縁も深い郷土の文化人、光後玉江医師の企画展が津山洋学資料館にて開催中です。

箕作阮甫旧宅の東隣にあるこの建物周辺は、城東町並み保存地区
の中にあり、往時の町並みの風情を残す観光名所としても知られております。
津山周辺の巡礼の道すがら足をお運びいただき、当時の風物を偲んでいただくのもまたありがたいことです。

最寄りの札所:八十一番霊場・高福寺


【幕末維新を駆け抜けた女医 光後玉江】
津山洋学資料館 企画展

会期:11月19日(土)~平成24年4月15日(日)


■光後玉江は錦織村(現在の美咲町)で、幕末から明治期にかけて活躍した産科医です。本展では美咲町の興禅寺に伝わる資料をもとに、当時まだ稀な女医として半世紀近く地域医療に尽力した玉江の生涯と事績を紹介します。(企画展資料より)

津山洋学資料館・企画展

開館時間:午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(祝祭日の場合はその翌日)

    祝祭日の翌日・12月27日~1月4日

入館料:一般300円 高校・大学生200円
(津山市内在住の65歳以上の方は無料)


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : 岡山県 - ジャンル : 地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。